水いか(アオリイカ)の内臓塩辛とボイルいか

水いか(アオリイカ)の内臓塩辛』の記事で書いています内蔵塩辛、結構クセのある味なので、ちょっと変わった食べ方をしています。

今回は、ボイルいかとあわせて食べてみました。↓↓

写真
(↑うつわは、和食器益子焼販売−楽raku−さんの”長谷川 薬味皿”です)

写真のいかは普通の真いかのボイルいかで淡白な味。それがクセのある内臓塩辛とあわさると、かなりいいバランスになります。
この食べ方、おすすめできます。かなり気に入っています。

(私が取り寄せたのは、山戸海産さんのネットショップです)

水いか(アオリイカ)の内臓塩辛をいか塩辛として

水いか(アオリイカ)の内臓塩辛』の記事で、この内臓塩辛にはいかの身が入っていないことを書きました。そのまま食べてもいいんですけど、「やっぱり”いか塩辛”として食べたい!」という気持ちがします。

ということで、工夫してみました。

写真

水いか(アオリイカ)の内臓塩辛

実は内蔵塩辛とは思わずに注文した今回の水いかの塩辛、

写真

材料を見ると↓↓、「水いかの内臓、食塩」
やっぱり、”内臓”の塩辛。

写真

ま、いっか。
気を取り直して食べてみることにしました。

水いかのスルメと塩辛をお取り寄せしました

7月に長崎・五島へ旅行した際に食べた”水いか”、柔らかくておいしかったんですね。東京へ帰ってきてからスーパーを探しても、普通に売ってない。売ってないんです。

ちょっと調べてみたら、水いか、長崎の方ではよくあるみたいなんですけど、東京では珍しいらしい。旅行みやげ用にたくさん売られていたのは、そのせいだった・・・(早く気付けっ!)のです。

で、

最近は何でもネットで買えるじゃないですか。だから、”水いか 塩辛”でググッてみました。うちの旦那はスルメを食べると言うのですが、わたし的には”塩辛”が欲しいですからね。

見つかりましたよ。
それも、長崎・五島から送ってもらえるネットショップ。山戸海産さんです。ここには水いかの塩辛もあって、送料も良心的なので、さっそく注文した次第です。

ということで、
届きました〜。^^

写真