自家製いかの塩辛(いわき浜/大川魚店)の味の感想

先日の記事『自家製いかの塩辛(いわき浜/大川魚店)が到着』で”黄色くないのが残念”と書いたこの塩辛(大川魚店さんの自家製いかの塩辛)、
気を取り直して食べてみました。

写真

まずは、お皿へ。

写真
(うつわは、和食器益子焼販売−楽raku−さんの”長谷川 薬味皿”です。黒い和のうつわが大好きです)

最初に驚いたのは、いか一かけの大きさ。

写真

↑↑はしで持ち上げるとこんな感じ。
もっと分かりやすいように、

お皿の横につまようじを置いてみると↓↓。

写真

今度は、ご飯にのせて、私の人差し指を並べて撮影。
とにかく、いかの一かけが大きいんです。

写真

で、味の方は、

ビックリするほどキモが濃厚!
いかの存在感に負けないほど、タレというかキモの味がまったりと濃厚なんです。

チーズケーキで言えば、まさに”ニューヨークタイプ”。
塩辛いんじゃなく、アンキモ的な濃厚さです。

ちなみに、5歳の息子が自分の指も撮影してというので写したところ↓↓、いかが完全に指より大きい。^^

写真

最初は色が黄色くないことを気にしていた私、完全にこの塩辛の大ファンになりました。この塩辛をひと口食べたあと、
「この塩辛、美味しいわぁ〜」
を繰り返し、つぶやいちゃいました。

私もそうですが、”チーズケーキはふんわりスフレより、どっしりニューヨークタイプ!”という人なら必ず気に入る味だと思います。

塩辛を納豆に混ぜて食べるのが好きな私ですが、この塩辛は混ぜるのがもったいない気がしています。
新しい食べ方を模索したいです。^^/


[PR] 自家製いかの塩辛


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6980767
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック