いか塩辛イカ赤作り(柚子風味)の味の感想

能登の小木で水揚げされたスルメイカで作られた「いか塩辛イカ赤作り」をお取り寄せしました。(能登 小木で水揚げされたスルメイカを使用。保存料、着色料は不使用

イカ黒作りとイカ塩辛は能登で代々受け継がれてきた味で、イカ墨を使った塩辛を黒作り、イカわたを使った塩辛を赤作りと呼ぶんだそうです。イカのわたは確かに赤っぽいので、”赤作り”、納得です。^^

ちなみに、商品パッケージの色も赤っぽいです。↓↓

写真

中身のいか塩辛も、

写真

色、赤め、かなりピンク色です。
食べてみると、
ん?! 柚子風味。

材料を確認すると、

写真

入っています、柚子。

それに、材料がすごくシンプル。するめいか、柚子、唐辛子、塩。これだけ。添加物名のカタカナやアルファベットが並んでいなくて安心です。

パッケージの裏に食べ方が載っていて、

写真

”ビールやお酒のお摘みに”
”和食の付け合わせ、お茶漬けにも”

食べてみて、薄味好きの私にはけっこう塩けが強いように思ったので、お茶漬けがいいかもと思います(今のところ、ご飯に乗せてたべたのと、そのまま食べただけなので)。

唐辛子が入っているわりに、それほど辛さを感じません。6歳の長男(辛いのが大の苦手)がご飯に乗せて食べています。そのくらいなので、子供も普通に大丈夫だと思いますよ。

柚子風味のいか塩辛はほとんど初めてなので面白いのと、400g入りでリーズナブルな価格が魅力だと思います。

能登 小木で水揚げされたスルメイカを使用。保存料、着色料は不使用

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30974378

この記事へのトラックバック