デパ地下の『いかのぶっかけ』お取り寄せ

高島屋デパートのネットショップから、『いかのぶっかけ』(たぶん、塩辛の仲間)をお取り寄せしました。
北九州の割烹「浜長」さんのぶっかけです。高島屋日本橋店の催事にも登場したことがある品物。

細かくレポートする前に、ちょっとだけ。↓↓

写真

この『いかのぶっかけ』は、もともと玄海灘の漁師さんが船上で新鮮ないかをぶっかけに調理して食べるものとのこと。
刺身用の白いかを増味する、元祖北九州の味だそうです。

それでは、
届いた様子からレポートしま〜す。

届いた様子。↓↓ 高島屋の赤いバラの包装紙で届きました。
素材の味がそのまま届く冷蔵便です。

写真 写真

包みを開けると、割烹らしい高級感ある黒の箱。
ビンに入った『いかのぶっかけ』とご対面です。

写真

真っ赤です。辛そうでおいしそう。辛いの大好きっ。^^

写真

写真撮影だけで止まらず、さっそくビンを開封♪

写真

そのままとりあえずひと口。
んっ、んまっ。辛くて甘くておいし〜。

材料を確認したら、その甘味の理由が判明。
唐辛子とはちみつとブランデー。
辛くて甘くて風味よい味は、このせいなのねって感じです。

写真

割烹をイメージさせる和紙の案内が入っていました。
おいしい『いかのぶっかけ』の食べ方が載っています。

写真

”ぶっかけめし、茶漬(白湯で)、向付け、前菜、白身の刺身とぶっかけ、寿司ねた、酒の友に”

ぶっかけ自身の味がけっこうしっかりしているので、私はこの中で茶漬を選びました。

写真

そして、いかのぶっかけに、さらに青のりをトッピング!
これがかなりイケます。
青のりの風味がすごく合うんですよ。

この食べ方、ぜひお薦めです。
かなり食べすぎ注意です。

”白身の刺身にぶっかけ”もゼッタイおいしそう。

『いかのぶっかけ』を作っている浜長さんのある北九州に行かなくても、さらに、高島屋デパートに行かなくても、デパ地下総菜が買えるって、いい世の中ですよね〜。これからの季節、エアコンをかけて、家でデパ地下(タカシマヤ オンラインショッピング)チェックしようと思います。^^

高島屋

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29585615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック