いか塩辛「生漬」と「かんずりいか塩辛」

先日にお取り寄せした北海道で一本釣りされたイカの塩辛4ビン、「本身づくり」と「ゆず入り」に引き続き、「生漬」と「かんずりいか塩辛」を食べています。

写真

「本身づくり」と「ゆず入り」はいかの皮が剥かれていて、ゲソが入っていません。一方、今回の「生漬」と「かんずりいか塩辛」は皮つきの身にゲソも入った塩辛になっています。
なので、歯ごたえがあって食べ応え十分な感じです。

それぞれについて、

生漬」↓↓は、

写真

多くの人がイメージする、たぶん、一般的なスタイルの塩辛です。今回ほかに「ゆず入り」や「かんずり入り」などの変わり種を一緒に注文したので、食べたとき、オーソドックスな点で安心します。

ほかの3ビンは130g入りなのに対して、「生漬」は270g入り。ほかの種類と交互に食べたいので、多めの270gにして正解でした。^^

次に、「かんずり入り塩辛」↓↓。

写真

色が赤いとおりトウガラシ入りですから、ちょっと辛いです。
わたし的にはそんなに辛くないと思います。でも、子供にはちょっと無理かなという気もします。

その辛さ、とってもさわやかです。
かんずりって、もともと、ゆず入りなんだそうですね。だからなのか、少し柑橘系の香りがするような、さわやかさがあります。

とりあえず4ビンをそれぞれ食べてみて、わたし的には「生漬」がイチオシです。でも、「生漬」はオーソドックスなので、ほかの種類と組み合わせて食べてこそ、味が引き立つのかもしれません。

賞味期限は長いもので90日なんですけど、1ヶ月ももたずに4ビンを食べきってしまいそうです。どの味も、それぞれおいしいです。^^


今回注文した次の4品。皆さんもよかったら。
いか塩辛 生漬 270g
いか塩辛 本身づくり 130g
辛さにコクあり!かんずりいか塩辛 130g
いか塩辛 ゆず入り 130g

この記事は、MONO-PORTALにトラックバックしています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16557962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック